適当に好きな映画紹介 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

映画

こんにちは。陽々です。

今日は自分の大好きな映画を紹介します。

ウルフオブウォールストリート」です。

この映画は、ウォール街の証券会社にブローカーとして勤めていた主人公(レオナルド・ディカプリオ)が、「ブラックマンデー」と呼ばれる世界的株価大暴落によって無職になってしまいます。

その後、別の小さな証券会社に入社し、瞬く間に大活躍します。会社で儲けたお金で独立し、自分の会社を設立、持ち前の頭脳と話術で莫大な財産を築きます。

しかし、仕事に成功していく一方で、ドラッグとセックスにのめりこんでいってしまい、すべてが崩れ去ってしまいます。

僕はこの映画の主人公が大好きです。

ドラッグとセックスに依存して堕落してしまったくそ野郎ですが、自分の力だけでのし上がって、一時ではありますが、億万長者まで成り上がることに成功しています。

成功する人、成功した人のすべてに言えることは、みな「野心家」であることだと思います。

「成り上がってやる!」という強い意志が人を成功に導いてくれるんだと、この映画を見て思いました。

俺も成功してやるぞ!!

ウルフ・オブ・ウォールストリート [ レオナルド・ディカプリオ ]

価格:1,000円
(2019/8/19 06:52時点)
感想(4件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました